川や湖をきれいにする市民会議

静岡県浜松市から川や湖をきれいにする活動を発信します。アマゴの里親募集、アマゴの稚魚放流会、水生生物観察会、サツキマス稚魚放流会など。

今日の天竜川 埋設放流 アマゴ 卵 ルアー ウグイ スプーン

今日の天竜川。2014年12月6日。晴れ。
寒い朝です。
霜が降り、氷が張っていました。

しも

2週間前に、アマゴの発眼卵の埋設放流を行いました。
今日はそれの経過観察を行いました。
BOX内を確認したところ、ほとんどの卵は孵っておりました。

かご

一部のBOX内には、まだ、アマゴが残っていました。
死卵の数から推測すると、孵化率は95%以上と思われます。

BOXの写真の中央部に1匹、稚魚がいます。

発眼卵

漁協内で、アマゴの里親で全滅した方、向けに
発眼卵を飼育しております。既にアマゴになっていました。

すごい数です。

サイフォン式になっており、酸素の供給に優れています。
また、死卵があってもダメージにつながり難いシステムです。

漁協卵

午後は、フライフィッシングの練習を行いました。
スペイの中でも、スカジットが簡単?安全?なのかな。
それでも、練習はかなり必要と感じました。
講師の皆様、色々とお教えいただき、ありがとうござました。

来年は、フライで初サツキなんてことは・・・・・どうでしょうか。

その後、ルアーで狙ったところ
ウグイ君が釣れました。
大型で 約50cmありました。

この時、気温は4℃でした。
寒いですが、魚が釣れたので、心は暖かです。


うぐい50
  1. 2014/12/06(土) 17:25:27|
  2. 今日の天竜川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の天竜川 和田東小 アマゴの里親 ペットボトル 冷蔵庫 飼育


今日の天竜川。2014年11月28日。曇り時々雨。
今日は、和田東小のアマゴの里親です。

天竜川やダム、魚の話の後
アマゴの育て方を聞きました。

はなし

次に
ペットボトル2本を、よく洗い
井戸水を2本とも、8割、入れます。

みず

次に
アマゴの発眼卵を10粒
一方のペットボトルに入れます。
もう一方は、1回目の水変え用の水です。

たまご

卵の入ったペットボトルは新聞紙で包み
家の持ち帰り、冷蔵庫に入れて、3ヶ月飼育します。

2月の終わりに、渓流にアマゴの稚魚を放流します。

皆さん、3ヶ月間の飼育、よろしくお願いいたします。
  1. 2014/11/28(金) 21:42:17|
  2. 今日の天竜川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の天竜川 アマゴ 里親 河輪小 5年生 ペットボトル 発眼卵 配布


今日の天竜川。2014年11月27日。晴れ。
今日は浜松市河輪小、5年生のアマゴの里親の日です。

最初に体育館で、天竜川の話、魚の話を聞いた後に
アマゴの育て方を聞きました。

説明

ペットボトル2リットルを2本、洗った後
井戸水を8割入れました。

みずいれ

最後に、アマゴの発眼卵を10粒、入れました。

はいふ

オレンジ色で、かわいい卵達です。

大事に3ヶ月間、育ててください。

たまご

夕方、天竜川の下流域をルアーで狙いましたが
ノーバイトに終わりました。
透明度は80cmです。

暖かくて、釣れそうなのですが・・・
  1. 2014/11/27(木) 22:12:50|
  2. 今日の天竜川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の天竜川 豊田北部小 アマゴの里親 発眼卵 ペットボトル 冷蔵庫


今日の天竜川。2014年11月25日。雨。
今日は、磐田市の豊田北部小5年生67名が
アマゴの里親になりました。

天竜川の話や、アマゴの育て方の説明の後に
洗ったペットボトルに、井戸水を8割入れて

水入れ

漏斗を使って、卵を10粒入れました。

ろうと

天気は雨ですが、念のため、卵入りのペットボトルを紫外線よけの
新聞紙で包みました。

しんぶんし

2月17日のアマゴの稚魚放流日まで
大切に育ててください。

当日、大きな感動が待ってますよ。
  1. 2014/11/25(火) 22:05:04|
  2. 今日の天竜川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の天竜川 アマゴ 発眼卵 埋設 放流 直まき ボックス バイパー ハス ルアー

今日の天竜川。2014年11月24日。晴れ。
11月とは思えない程、暖かい日でした。

今日は、アマゴの発眼卵の埋設放流を行いました。

まずは、卵の選別です。
死卵を取り除く作業です。
10500粒もあるので、これだけでもひと仕事です。

選別

選別後の、アマゴの発眼卵です。
ひと袋、約1000粒80gの卵が入っています。
これを10袋作りました。

選別後

沢の上流に移動しました。
細い流れですが、この位が埋設放流には丁度良いです。

沢

良さそうな所を探し、石を積みます。
瀬尻で流れが強くもなく、弱くもない、丁度よい所です。

石のすきま

上流側から卵を、石の間に入るように流します。
卵が適度にバラケルので、カビなどの病気になりにくいです。
また、カワムツなどに食べられてしまう確率も低くなります。

石の間

ボックス放流も試しました。
カゴに卵を入れてふたをします。

卵が孵化して、稚魚になり、さいのうが小さくなるまでボックスが守ってくれます。
さいのうが小さくなったら、隙間から泳いで出て行きます。

また、ボックスの中を観察して、死卵を数えると、孵化率が分かります。

デメリットもあります。
1、卵同士が近いため、カビなどが伝染し易い。
2、ボックスを後日、回収する手間が掛かる。

かご1

瀬尻の水の流れの良いところに置いて、石で流されないように固定します。

バイパー埋設

同じく、ボックス放流です。
虫かごでも行ってみました。

狭いので、卵の数を減らしています。

どの位、魚が増えるか、本当に楽しみです。

天竜川漁協の方、参加者の方、お疲れ様でした。

ムシカゴ

せっかくなので、天竜川本流で釣りをしました。
今日は、ルアーで狙いました。
ここ、3回、本流釣りで当たりもない状況が続いていましたが・・

天竜川

今日は釣れました。
非常にレアな魚、ハス君です。
24、5cmありました。何年ぶりでしょうか。

ハス

他にも、2回掛かりましたが、バレてしまいました。
1匹は、40cm以上の引きでした。
残念ですが、ハスが釣れたので、良しとします。
  1. 2014/11/24(月) 21:09:08|
  2. 今日の天竜川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kawamizu530

Author:kawamizu530
天竜川が大好きです。そこに棲むサツキマスがもっと増えることを夢見ています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

今日の天竜川 (96)
アマゴの里親・放流 (14)
市民会議 (10)
サツキマス (2)
アマゴ (0)
釣り (8)
未分類 (1)
ビションフリーゼ (2)
サーフ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR